赤ちゃんの肌はもちもちですべすべ、というイメージがありますよね。でも、赤ちゃんの肌はとても敏感でデリケート。

 

生後しばらくするとほっぺたがカサカサしてきたり、おでこにブツブツができてきたり、「乳児湿疹」と呼ばれるものができてくることがあります。この「乳児湿疹」が顔や首周りにできてしまった場合、洗い方やケア方法に戸惑ってしまうこともありますよね。

 

赤ちゃんの顔や首まわりの洗い方、ケア方法を動画を交えながら説明していきます。「乳児湿疹」は見た目が痛々しい場合もありますが、しっかりとケアをしていればきれいに治ることがほとんどです。

 

あまり心配しすぎず、適切なケアをしていってあげてくださいね。

 

乳児湿疹が顔や首周りにある時の洗い方

乳児湿疹ができていると、石けんをつけて洗うのをためらってしまいますが、汚れを落として清潔にすることが完治への1番の近道です。

 

ポイントをいくつか挙げますね。

 

  • 顔や首周りを洗うときは、こするのではなく、泡をつけて包むように洗う
  • 洗うときは顔の周りから始め、だんだんとTゾーンなどの中心部に向かう
  • ガーゼは肌を傷めるため、手を使い、指の腹で優しく洗う
  • 額やTゾーンは湿疹が出やすい場所なのでしっかりと汚れを落とすようにする
  • すすぎはしっかりと!石鹸が残ると湿疹の原因になりかねません

 

顔や体を洗った後は、清潔なタオルで包むようにして水分を拭き取ってあげてください。この時、こすったりすると湿疹が悪化してしまいますので、押さえるように水分をとるようにしましょう。

 

【動画】乳児湿疹がある時の洗い方

では、実際に赤ちゃんの洗顔方法を動画で見ていきましょう。顔に泡をつけていくのは不安かもしれませんが、ポイントは「指の腹で優しく洗う」です。

 

 

実際に動画で見てみると、わかりやすいですよね。赤ちゃんはおとなしくしてくれることがほとんどです。顔の周りから中心部へと優しく、そして手早く洗っていきましょう。

 

洗った後に大切なのは保湿!忘れずに保湿をしよう

赤ちゃんの顔や体をきれいに洗い、水分を拭き取った後に忘れてはいけないのが保湿です。赤ちゃん用のローションを使ってしっかり保湿してあげましょう。

 

体を拭いてそのままにしておくと、肌が乾燥して肌のバリア機能が低下してしまいます。そこから雑菌が入り、乳児湿疹が悪化してしまったり、その他の肌トラブルを引き起こしてしまいます

 

顔や体を石けんで洗った後は、体の水分が逃げてしまう前、できれば10分~15分以内には保湿ローションなどを塗って肌をケアしてあげてくださいね。

 

乳児湿疹があるときの低刺激おすすめ保湿ローション

赤ちゃん用の保湿ローションはいろいろあって迷ってしまうかもしれません。ドラッグストアや赤ちゃん本舗などに行っても、たくさんのベビーローションがありますよね。でも、中には肌に合わないものも含まれているかもしれません。

 

私が今まで使ってきた中で、「これは良い!」と感じたおすすめの保湿ローションをご紹介します。

 

かつて、私も子どもがひどい乳児湿疹になった時、ドラッグストアや赤ちゃん本舗などに置いてあるローションを片っ端から試したことがありました。

 

そして、少し使っては乳児湿疹が悪化し、ゴミ箱へ…。それを繰り返し繰り返し、最終的には病院でステロイドを処方してもらったこともあります。

 

でも、ふと雑誌で目にしたベビー用の保湿剤がとても良さそうで、試しに…と思って使ってみたらみるみるうちに肌の調子が良くなったんです。

 

それからというもの、ドラッグストアなどに置かれている市販のローションは買わず、なるべく肌への刺激が低く、保湿力が高いものを選ぶようにしました。

 

 

今考えてみると、石油系の原料が入ったものがすべて駄目だったんです。どうやら、毛穴を完全にふさいでしまっていたみたいで、湿疹は悪化するばかりでした。

 

私も、子どものスキンケアでは本当に苦労したので、ここで私が今まで使った中で良かったものを3つご紹介します。どれも、これは本当にいいよ!とおすすめできるもので、実際にママ友の出産祝いのプレゼントとしても贈りました。


 

1. アロベビーミルクローション

まず、1番のおすすめは「アロベビーミルクローション」です。今では、このアロベビーをおすすめしているサイトも多くなりましたが、発売当初はそんなに大々的に宣伝されていなかったんです。

 

でも、たまたまこのアロベビーの存在を知り「国産オーガニック」っていうところがすごく良さそうで、ちょっと高そうだなと思ったんですがオーダーしてみたんです。

 

使ってみたらすごく使い心地がよく、かさかさして固くなっていた子どもの肌もあっという間に柔らかくもちもちに。「こんなに違うんだ?!」とかなり驚きました。

 

それから、口コミであっという間に広まり、今ではとても有名になりましたよね。これ、本当に1番のおすすめです。乳児湿疹は外からの刺激を極力受けないように、保湿してバリアを作ることがとても大切です。この「アロベビーミルクローション」の保湿力の高さはまさに肌にバリアを作るローションといっても良いくらい。

 

実際にアロベビーの公式サイトでも、「乳児湿疹が良くなった」という声があり、画像も投稿されています。

 

 

見違えるように良くなっていますよね。もちろん個人差はあり、肌に合う合わないがありますが、乳児湿疹の保湿ケアにダントツ1位でおすすめです。

 

 

2. フォーファム・ボディミルク・ボディローション

次におすすめなのが「フォーファム・ボディーミルク&ボディーローション」です。これもアロベビーと一緒に愛用してきました。ボトルが大きいので、家族で使うにはすごく良いですよ。

 

ネックだったポンプも改良されて、最後までしっかり出せるようになりました。以前は、ポンプの構造に問題があったみたいで、半分以上使うと、出が悪くなって不便だったんですよね。でも、それも今では改善されました。

 

フォーファムの何が良いのかというと、セラミドが5種類も入っているんですよね。このセラミドは肌の構造に近い成分なので、肌が弱っている時につけてあげると、肌の調子が上向いてきます。かっさかさで皮膚ががさがさしているところにセラミド成分をつけると、肌を修復してくれるようなイメージです。

 

特に乳児湿疹などで肌にダメージが出ている時は、セラミド入りのローションで保湿してあげるといいですよ。低刺激、そして高保湿、肌を修復してくれる働きがあります。

 

ただ、お値段がちょっと高めなので2位です。その分、容量が多いのでたっぷり使えるのはいいところなんですけどね。

 

 

3. ぬくもりミルクローション

そして第3位はぬくもりローション。コスメコンシェルジュのママが子どものために開発したローションです。もともと、このローションは受注生産のみだったんです。しかし、だんだんと口コミでその良さが広まり、今では一般販売されるようになりました。

 

今ではいろいろな雑誌で紹介され、まさに人気商品。95%が保湿成分で作られているから、肌の弱い赤ちゃん、そして乳児湿疹で肌が弱っている赤ちゃんの保湿にはぴったりです。

 

カサカサ肌につけると、どんどんプルプルしてくる魔法のようなローションで、もちろんセラミドやヒアルロン酸など保湿には欠かせない成分がたっぷりと入っています。すごくおすすめのローションです。

 

でも3位にしているのは、人気過ぎて品薄状態なんです… 残念ですよね。

 

厳選素材で丁寧に作られているからこそ、大量生産はできないのかもしれませんが、明日明後日には欲しい!というときに手に入らない、というのは残念すぎます。

 

2週間、3週間くらいだったら待てるよ!という方はとりあえず注文してみるのも良いかもしれません。在庫状況も時期によって変わってくるので、もしかしたら「即日発送OK!」みたいな日が来るかもしれません。興味のある方は公式サイトをまめにチェックしてみてくださいね。

 

 

総合的に考えると、やはりおすすめはアロベビー

3種類のローションをご紹介しましたが、総合的に考えて、在庫状況も安定していてお値段的にもリーズナブル、そして知名度も高い、という点から「アロベビーミルクローション」が1番のおすすめです。

 

私の子どもも肌が弱く、乳児湿疹もできたし、乾燥がひどくて皮膚科でステロイドを処方されたりしていました。本当にいろいろなローションを試しててきましたが、ご紹介したこの3つのローションでは一切肌荒れを起こしませんでした。

 

「市販のローションにはいったい何が入っているのか?」と疑問に思うくらい、買っては捨て、買っては捨て、を繰り返しました。

 

そんな中、1番長く使っていたのが「アロベビーミルクローション」でした。もちろん、合う合わないの個人差はあると思いますが、肌の弱い赤ちゃんの肌をしっかり保湿できるローションだと思います。

 

乳児湿疹ケアのローションどれにしよう・・・と悩んでいるなら、ぜひ試してみてください。

 

 

乳児湿疹は良くなる場合がほとんどです

乳児湿疹は生後1ヶ月を過ぎると出てくる場合が多く、カサカサしたりジュクジュクしたりするととても心配になってしまいますが、1歳になる頃までにはほとんどの場合良くなります

 

どうしてもひどい場合は皮膚科に行ってお薬を処方してもらうこともできます。あまり、ストレスをためずに、「いつか治るものだから」と思ってケアをしていってあげてくださいね。

 

私自身も子どもの乳児湿疹には戸惑いましたが、どうしようもなくなった時は皮膚科に行き、治まったら皮膚科はお休みして、、ということを繰り返していき、だんだんと肌の状態が良くなっていきました。

 

成長するにつれて肌も強くなっていき、湿疹やカサカサも治まってくる時期が来るので、あまり心配しすぎないようにしてくださいね。